自動車運転免許・直接試験応援サイト カーブとメリハリのある運転

挑戦!一発免許 自動車運転免許証失効された貴方に贈る。

一発免許 カーブとメリハリのある運転

一発試験必勝合格マニュアル

運転免許を失効された貴方に

 数年ほど前にウッカリの更新忘れで運転免許証を失効してしまい、諸般の事情(主に金がないのと時間が取れない)で泣く泣く直接免許を決意した当時は、このような教材は影も形もありませんでした。

さんざん探し回ったんですよ

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許・技能審査・DVD教材

 不安と恐怖にあおられる毎日のなかでどうしたら自動車運転免許が短期間でしかも楽に取れるのかと、その解答を求めてさんざん探し回りましたよ。数件の本屋さんへも行きましたし、ネットでも探し回りました。でも「一発免許」での合格の秘訣が書かれているものはなんてまったく無かったのです。

結局書店に置いてある免許関係の本は学科問題の解説や問題集だけなんですよね。もちろん問題集は学科試験のために必要だから購入しましたけれども。

「なんで肝心な直接免許センターで受験するための教則本がひとつも無いんだ!」ドン!!(激しく机を叩いた音)とひとり怒っていましたね。

今冷静になって考えてみれば当たり前のことだってわかるんです。なぜなら免許証を失効するなんていうトホホな人なんてそういないですからね、このサイトを見ているあなただって何十万に一人か何百万に一人じゃないですか。だって貴方の身近な周囲で何人の方が運転免許を失効してますか?

そんな少数のトホホな人たちのために本を作ったって採算に合うわけがないですからね。だいたいそんな売れそうにない本を置いてくれる書店があるかどうかは、はなはだ疑問なところであります。いやはやです。

しかし、金と時間が無くて直接免許受験をシブシブ決意はしましたけど、とにかく再び確実に免許証を取り戻すことが前提であるし、最大の目的であるわけですから、そのためには何をしたらいいのかを無い知恵を振り絞って、真剣に考えましたね。それこそ毎日3分間ぐらいにウーーンと唸っていました。

日本で免許証を取るより外国で取ったほうが簡単で安くあがるのではないかとか、時間貸しの教習所を探して極力そこを利用するとか、無認可の個人で安く教えているところは無いのかという具合にですね。これはと思われるものがあったら、購入するか申し込もうと思っていたのです。

しかし、どの案も採用することができなくて結局一人で情報を集めて、大きな焦りと不安の中挑戦するほかなかったのです。もちろんそんな不安とか焦りを家族にも知人にも絶対にみせることはしなかったですけども。

ドーンと男フジトミはやる時はやってくれるもんだ。彼も運転免許失効者でありますが、私なんかよりも数百倍悪質で確か飲酒運転で取り消しを喰らったはずであります。この際関係はまったくないけど、私なんか本当に可愛いものです。たんなる更新忘れですからね。ちょっとここんとこなんとかならないかな。

後日フジトミ君から聞いた話であるが、DVDのビデオ撮りを時間貸しのコースで無理やり強硬して、2箇所の貸しコースから出入り禁止を喰らったようであります。これには笑ったな。

自動車教習所や自動車学校にとっては「一発免許研究所」なんてのにノサバラれたら死活問題ですからね。それでなくても少子高齢化なんていうのに影響されて年々生徒が減少していますからね、絶対に了承するわけが無いですね。

だからといって突然でっかいプロ用のビデオカメラなんかを持ち込まれたら誰だって怒りますわな。んなの小学生だってわかるよね。案外アホなんだな。ワハハ・・・・・

と言いつつ私も幕張免許センターに一眼レフカメラを持っていったら試験官様に見つかり事務所に行って撮影の許可を得るようにと注意されてしまったのであります。見えないところで結構苦労はしているのであります。携帯電話やコンパクトカメラなら文句はいわれませんね。感心したのは小さいビデオカメラでコースを撮まくっていた猛者がいましたね。みんなそれぞれに色々考えているんですね。

一発免許DVDと教材の詳細についてはこちらをご覧になってください。

http://1patu.com

なにはともあれ最初は本家サイトの「挑戦!一発免許」をごらんください

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

こんにちは一発免許支援サイト案内人のぽーです。このようなサイトをわざわざ訪ねてきたというのは免許証を失効されて途方にくれてのことだと思います。当サイトは一発免許を応援するサイトであります。本家サイトとして「挑戦一発自動車運転免許試験--すべての運転免許失効者に捧ぐ」のサブサイトとして作成されました。

前述の「挑戦一発自動車運転免許試験--すべての運転免許失効者に捧ぐ」のサイトははじめから計画して作成したわけではないので、丁寧に説明しようとするあまり、集めた情報を詰め込みすぎてしまい次第にわかりにくくなってきました。いつかまとめ直そうと思っていたのですが、この際別サイトを新規に立ち上げることによって再構築したほうが早いという結論に達しました。

同じ内容でも切り口が違うと理解の仕方がちがったりしますので、どちらでもわかりやすいサイトを利用するようにしてください。ただし、まだこのサイトは作成途中ということでまだ完成されておりません。そのあたりは本家サイトを参照なされてください。

カーブとメリハリのある運転

千葉県幕張運転免許センター仮免試験コース試験開始地点

「カーブとメリハリのある運転」という題にしましたが、基本的にこの2つはそんなに関係あるものではないのですが、どちらかひとつだけのページにするには記事が少なく感じたものですから強引に2つ一緒のページを作成してしまいました。題が「カーブとメリハリのある運転」としてあるのですが、説明の順番はメリハリのある運転を先にしています。重要度からいえばメリハリのある運転が先のような気がしたというか、どうもメリハリのある運転というものを誤解している方が多いように感じたものですから。実は私も誤解していた人のうちの一人ですから。

さてもうひとつの説明する「カーブ」ですが、これは比較的大きなカーブを指します。特に外周に存在すると思われるものです。そんなに難しい箇所ではないのですが、これも意識して注意をしないと思わぬ落とし穴に陥ることになります。

この章の主な内容


1 メリハリのある運転

1−1 ゆっくり走ることが安全運転とは限らない

1−2 外周40km速度指定箇所

2 カーブ

2−1 充分に減速する

2−2 すばやく抜ける

2−3ー1 幕張免許センターの場合は

2−3 カーブの実際

1 メリハリのある運転

1−1 ゆっくり走ることが安全運転とは限らない

「メリハリのある運転ができていませんね」
なんて運転免許試験場の試験官にいわれた受験者が意外と多いと思います。
実際私などは
「旦那さん、普段そんなノロノロとした運転をしてますか」
なんていわれてしまいました。

一発免許の受験者は最初に考える作戦は
「ここはひとつゆっくりと丁寧に走ってポイントをあげよう」
なんてことのようです。
私も
「どんなことがあっても、ゆっくりとノロノロと走って失敗しないようにしよう」
なんて強い決意をして臨んだのでありました。

そりゃあ、直接試験に臨む受験者は合格したい一心でさまざまな作戦をたてて臨みます。その作戦のひとつが
「なにがあってもゆっくり丁寧に走ろうと」
なるわでありますが、この作戦は試験官の
「メリハリのある運転ができていませんね」
であえなく玉砕するわけであります。

1−1−1 運転免許試験場での最高速度って知ってますか

話はここでぐーーんと飛びます。飛んでイスタンブールあたりまでいってしまいます。ちょっと古いな。運転免許試験場での最高速度って一体何キロなのか知ってますか?。今一瞬頭のなかが真っ白になったでしょ。

運転免許試験場は一般車両は走れませんが、一応一般道路と同じ扱いになっています。ならば一般道路の最高速度は時速何キロに決められていますか。あれ?いつの間にか学科問題にまで飛んでしまいました。誰ですか、時速40kmなんていったのは、100kmなんていった人もいますね。この人はたぶんスピード違反の常習者で免許取り消しになった人でしょう。

基本的に一般道路の最高速度は時速60kmであります。100kmは高速道路ですね。実際には時速40kmと制限されている道路がおおいのですけれども、制限されていなければ初期値デフォルトで60kmなのです。ですから運転免許試験場内の最高速度は時速60kmとなります。

実際にはあの狭い試験場内を時速60kmで走るとかなり危険でありますからそのようなことはないのですけど。しかしそんな試験場内を全線ノロノロと5kmや10kmで走ったらどうなりますか。これを一般道として考えてみましょう。普段一般道路を走る場合に極端に遅い速度で走ったら他の車の走行を妨害しているとみなされてしまいますよね。この問題があるから
「メリハリの運転ができていない」
と指摘されるわけなのです。

1−1−2 本免試験でも注意が必要です。

一般道を走る場合に置き換えて考えてみようと先にいいましたが、これはそのまま本免試験の場合に置き換えても考えてみてください。本免試験は一般道を走って試験をするわけでありますから、あまりノロノロと走ったら完全に減点の対象となあるわけであります。ただし本免試験の場合は規制速度に注意しなければいけません。規制速度が何キロになっているか注意が必要であります。

本免試験での速度についてですが、一番簡単なのは時速40km以内で走ることです。高速道路では最低速度が決められていますが一般道路では原則的最低速度の制限はありません。それによほどの田舎の道路でないかぎりほとんどが時速40kmに規制されていますので、大事をとって最高速度を時速40kmにして受験すればよいかと思います。

1−1−3 スピードの出せる区間は限定されている

これまでの説明で「全体的にスピードを出して免許試験を受ければいいのか」なんて大きく誤解してもらうと困るのだが、ゆっくり走って良いところと、急激に加速するところ、減速することが大事だといっているのです。急激に加速や減速をしなければいけない代表的な場所は限られています。またノロノロ走っていけないところも限られていますので、その場所だけを注意すればメリハリのある運転をクリアすることになります。

普通自動車運転免許を直接試験で受験する人(一発免許)を応援サイトでページの先頭に戻るボタン

1−2 外周40km速度指定箇所

幕張自動車運転免許センター仮免試験場 外周40km速度指定箇所

ある程度スピードが要求される場所の代表に外周40km速度指定箇所がある。この場所の説明は別途にページを割いて説明することにする。今の時点ではまだ作成されていない。

他に考えられるのはある程度長い直線距離ですね。別に時速40kmまで出す必要はありませんが、その区間をノロノロと走ってはいけません。

普通自動車運転免許を直接試験で受験する人(一発免許)を応援サイトでページの先頭に戻るボタン

2 カーブ

2−1 充分に減速する

幕張自動車運転免許センター仮免試験場 カーブ

カーブを漫然と曲がっていけば良いなんて考えがちですがそうではありません。カーブでは遠心力が働きますので充分に減速する必要があります。またカーブの途中で減速をすると減点されます。

充分な減速っての具体的にいえばカーブの途中でブレーキを踏まなくてもよいぐらいに減速します。またマニュアル車であればシフトダウンを繰り返し2速ぐらまでにしておくべきでしょう。

カーブの途中でシフトダウンをするなんてことをやってはいけません。カーブの途中でシフトダウンをするということは、一旦クラッチを切ることになります。遠心力がかかってる真っ最中にエンジンブレーキまで切ってしまってはどうにもなりませんから、そのような状態になる前に充分すぎるほどの減速を行っておく必要があるのです。

普通自動車運転免許を直接試験で受験する人(一発免許)を応援サイトでページの先頭に戻るボタン

2−2 ゆっくり入ってすばやく抜ける

カーブでの原則は「ゆっくり入ってすばやく抜ける」「スローイン・クイックアウト」です。前節の説明では充分に減速してカーブに入る説明をしましたが、こんどは逆に曲がりきったところで今度は加速してカーブを抜けます。ここでモタモタとした運転をしますと、メリハリのない運転ともみなされますので、むしろ大胆に加速してください。

2−3ー1 幕張免許センターの場合は

幕張免許センターの場合は最初の大きなカーブが終わると同時に外周40km速度指定箇所にいきなり突入することになりますから、特に大胆に加速する必要があるのです。どのコース図を見てもこのあたりは同じになってますから、あらかじめコースを確認しておいてください。

2−3 カーブの実際

普通自動車運転免許を直接試験で受験する人(一発免許)を応援サイトでページの先頭に戻るボタン

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
普通自動車運転免許を直接試験場で受験する人(通称一発免許という)を応援サイトでこのページの先頭に戻るボタン
有限会社クラウナー 有限会社クラウナー
Mailto:po@crowner.co.jp

Copyright ©Crowner.Co.Ltd. all rights reserved.